漢方薬に対する薬情報コンサルタント・薬剤師の考え

漢方

こんにちは。

薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。

 

漢方に対して、「穏やかな効き目」とか「西洋薬よりも安全」というイメージを持っている方がいるようです。

漢方についての薬情報コンサルタント・薬剤師の考えをお話しします。

 

漢方薬に対する薬情報コンサルタント・薬剤師の考え

 

風邪薬についてブログを書いた際、

「私は風邪のひき始めには葛根湯を飲むことがある」

ということをお伝えしました。

 

(関連記事:「薬情報コンサルタントはどうしている?風邪薬の選び方は?」

 

薬情報コンサルタント・薬剤師である私が「葛根湯を飲む」というと、

我が意を得たり、という顔をされることがあります。

 

そして、「やっぱり漢方の方が身体にいいんですよね!」と言われることがあります。

 

・・・これ、誤解です。

 

まず、漢方も薬です。身体にいい、という発想で使うものではありません。

必要な時、必要なだけ使うもので、積極的に摂取するようなものではありません。

 

そして、漢方に対して、「穏やかな効き目」とか「西洋薬よりも安全」というイメージがあるようなのですが、

実は私、この感覚が、全くわかりません。

 

なぜなら、私が薬学を学び、薬剤師になった1990年代、「小柴胡湯(しょうさいことう)」という漢方で、

間質性肺炎という重い副作用が多数報告され、大きな問題になりました。

 

漢方薬にも、当然、副作用はありますし、場合によっては、

死亡するほどの副作用すら起こすことがある、そんな実感を持っているのです。

 

 

漢方は、西洋医学よりも穏やかで安全なのではなく、

西洋医学とは別の発想で成り立っている薬です。

 

漢方は、西洋医学が苦手な病気や症状に対して、結構、効果を発揮することがあります。

 

例えば冒頭の葛根湯。

「葛根湯と総合感冒薬では、やっぱり葛根湯がいいんですか?」

と質問されます。

 

引き始めで、寒気がして、身体(筋肉)が硬く凝っている感じ、

「これから熱があがりそう・・・」

という気配のとき、葛根湯は効きます。

逆に、唐突に39度の熱を出している時などは、飲んでも無駄です。

 

正直、好みの問題な気もしますが、少なくとも私は、

西洋医学の、対症療法で症状を抑え込むという総合感冒薬よりも、

汗をかいて、熱や痛みを発散させて治すという葛根湯の作用機序が好きです。

 

なんとなく安全そうだから、と、漢方を選ぶのではなく、

「漢方も薬だ」

ということを理解した上で、医師や薬剤師の説明を聞いてくださいね。

 

 

あ、そうだ。

葛根湯も試してみようかな、と思ったあなた。

葛根湯は、空腹時(食前または食間)に飲んでくださいね。

そうしないと、効きません!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*