札幌マルヤマンとコーチングと私(2)

DSC04099

こんにちは。薬剤師コーチの関口詩乃です。

このお話は前回の続き です。

***************

全ての始まりは、2010年夏の札幌旅行だった。

札幌に着いた日の夜、大学の先輩であるHさんと飲んでいた。
2件目だったか3件目だったか覚えていないが、そこがススキノの立ち喰い寿司で、お店に入ったとき壁の時計がすでに深夜1時を回っていたことは覚えている。

そろそろ帰ろうか、という時間になって、何気なくH先輩に訊かれた。

H「詩乃ちゃん、今回の北海道(旅行)は、どこか回るの?」

S「明日は午後から札幌でコーチングのセミナーに行って、明後日はレンタカーで旭山動物園にこうと思ってます」
S「で、その次の日の夕方、東京に戻ります」

あいさつに限りなく近い、ごく普通の会話なはずなのに、すーっとお酒が醒めるように雰囲気が硬くなるH先輩。

明らかに地雷を踏んだ心地がする。
私、なんかまずいこと言った?

H「詩乃ちゃん、札幌には 円 山 動 物 園 があるのに、なんで わ ざ わ ざ 旭川の 旭 山 動 物 園 に行くの?
静かだが口調が怖い。

 

そこで初めてH先輩が札幌市の職員だったことを思い出した。
しまった。

でも、旭山動物園に行きたいのも行くのも私の自由だ。

S「えっ? だって旭山動物園、話題のスポットですし・・・」

 

当時すでに、旭山動物園はユニークな展示がいろいろなメディアに取り上げられ、大人気だった。
確かに札幌は円山に動物園はある。
しかし、動物園に行きたいだけなら、何も北海道で行かなくても東京には上野動物園がある。
私は、「話題の」「ユニークな試みをしている」「旭山動物園に」行きたかった
しかも、円山動物園には以前に行ったことがあった。

(続く)

—————————–

コーチ解体新書の関口詩乃が熱く語る無料メルマガ です。

登録いただけると嬉しいです。

http://www.3poyoshi.jp/mail_magazine/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*