カロナールは先発品じゃないんですか?

こんにちは。
薬のあらゆる「?」を解決する薬相談の専門家、
薬剤師コーチの関口詩乃です。

 

記事タイトルの答えは・・・

「カロナールは保険上、後発品です」

 

世の中には、先発品がない薬があります。

どういうことか?と言いますと、、、

 

1)先発品が昔はあったけれど、販売を終了した

処方薬の値段を薬価(やっか)と言って、保険制度で使う薬の値段は国が決めているのですが、この薬価、1-2年に1度改定され、そのたびに、通常、安くなっていきます。

しかも後発品ができると、シェアを奪われるので販売量が落ちる=売り上げが落ちる ことも加わります。

利益が少なくなっていけば、製薬会社も霞を食って生きているわけでも、錬金術ができるわけでもないので、その薬の販売を終了(中止)します。

すると、「先発がない、ジェネリックだけがある状態」になります。

 

2)そもそも先発品がない薬が存在する

そもそも、先発品や後発品の保険上の考え方や、薬の承認制度は、時代と共に変わってきました(充実してきたと信じたい)

そんな中で、「先発」「後発」という現在のルールに当てはまらない薬が存在するのです。

「カロナール」はこれにあてはまります。

 

カロナール、先発品じゃないの?

こういった質問の内容が”Yahoo!知恵袋”にもあったりしますが、保険上、「後発品」として扱われます。

カロナールの成分、「アセトアミノフェン」は、古くから粉薬として存在していました。

しかし、苦みや飲みにくさ・扱いにくさの問題があり、錠剤の「カロナール」が1996年に発売されたのです。

このとき、成分自体は古くからあるため、先発品とはなりませんでした。

 

古くから使われている薬は、現代の私達から見ると、多くの謎を持っています。

カロナールで言うなら、先発か、後発かなどは些細なことだと思うほど、大きな謎

成分のアセトアミノフェン自体、どうやって効いているのかわかっていない

があります。

 

昔からある薬には、どうしてその適応を持っているのかわからない薬や、
今ならその適応は取れないんじゃないの?(臨床試験ができない)という薬もあります。

また、先発がすでに販売終了していて、効果や副作用の詳細なデータがない薬もあります。

 

でも、その薬が世界中で役に立っているのは事実です。

 

薬のデータ、信頼性の難しさの原因の一つはそこにあります。

  • この薬、本当に妊婦で何も起きないんですか?
  • なぜデータがないんですか?
  • 動物実験しかデータがないのに妊婦に飲ませるなんて無責任じゃないですか?

など言われることもありますが、

「人間の妊婦で、胎児に問題がおきることがわかっている薬」

というのは、確実にそのデータの裏に悲惨な目にあった妊婦と胎児の存在があります

 

数値データは大事ですが、長いこと使われている薬で、大きな問題が起きていない、というのも、ある意味、ひとつの情報だと思うのです。

 

どうやって、あなたにとっての「いい薬」を選べるか、それが、薬のとお付き合いのポイントです。

 

PS

こんなあなたの身の回りで、「薬に関する『?』」があれば、
今なら、無料で相談を受け付けています。

もしよろしければ、こちらも覗いてみてくださいね。

▼▼ 無料のお薬相談はこちらから ▼▼

http://www.3poyoshi.jp/lp/fcons/internal/

 

薬とコーチと解体新書ブログ
【さんぽうよし】のメルマガ

薬とコーチと解体新書ブログ【さんぽうよし】の更新情報をメールで受け取る事ができます。
メルマガでは【さんぽうよし】の更新情報の他に、薬剤師 関口詩乃が薬に関する情報提供を行っていきます。

健康になるために、もっと言うなら幸せになるために薬を服用しているはずなのに、薬を飲んでいるが故の不安を抱えている方はたくさんいます。

世の中の常識となっている薬についての知識・・・
それって本当に正しいですか?
薬や医療について本当の知識を得たい方へ、
薬とコミュニケーションと解体新書を関口が熱く語るメルマガです。
是非ご登録ください!

メールでさんぽうよしの更新情報を受け取る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*