飲めば飲むほどいい薬はあるのか?

薬

こんにちは。

薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。

 

飲めば飲むほどいいという薬はあるのでしょうか?

それについて、考えてみたいと思います。

 

飲めば飲むほどいい薬はあるのか?

 

飲めば飲むほどいい薬はあるのか?

 

私の考えは「ありません。」です。

というか、この質問をする時点で、薬を誤解しています。

 

薬は「できれば飲まずにいたいもの」だと思っていますし、

世の中での薬の「飲んではいけない」系の薬の扱われ方を見ていると、

みんなそう思っているんだと信じていました。

しかし先日、この質問を友人にされ、そして、一緒にいた人も、

この質問に何ら疑問を持たずにいるのを見て、「そんなことはないらしい」ということを知りました。

 

あなたに何らかの健康上の不具合が起きたとき、

治すのは薬でも医師でもなく、あなた自身です。

薬は、あなた自身の直そうとする力(自然治癒力)をアシストするものに過ぎません。

 

そして、薬は「生体になんらかの影響を及ぼす物質」である以上、

さじ加減を間違えれば、毒になりかねません。

「薬は反対から読めばリスク」です、なんて教え方もします。

 

だからこそ、必要な時に、必要な量を、と言うのです。

少ないと効きませんが、多ければいいとは限らないどころか、

そもそも、生体に、必要以上のものを入れることはリスクなのです。

 

「薬を誤解している」というのは、

「薬を飲めば安心」と、なんでも薬で解決できる、薬は積極的に飲むイメージがある、

ということに、「ちょっと待ってください」と言いたかったのです。

 

必要以上に恐れることも拒否することもありません。

現代人には、昔なら助からなかった命を薬で救えるようになったという、

文明の進歩を享受する権利があると思っています。

 

しかし、一方で、くすりに頼りっきりだからこそ、

「飲めば飲むほどいいっていう薬があるかも!?」と期待するんじゃないの?

と、ちょっと心配になったのでした。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*