診断

医療

線虫でがん診断!?

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   今までの検査では検出できない時期のがんも簡単に診断できるようになる可能性がある、 というニュースに関するいろいろな記事や意見を読み、どうしてもお伝えしたくなったので、 「線虫とがん」についてお話しします。 ≫続きを読む
漢方

漢方薬に対する薬情報コンサルタント・薬剤師の考え

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   漢方に対して、「穏やかな効き目」とか「西洋薬よりも安全」というイメージを持っている方がいるようです。 漢方についての薬情報コンサルタント・薬剤師の考えをお話しします。 ≫続きを読む
風邪薬と体温計

薬情報コンサルタントはどうしている?風邪薬の選び方は?

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   薬情報コンサルタント・薬剤師である私が、風邪をひいたと言うと、 「風邪をひいたときには、どの風邪薬を飲むんですか?」 と、よく訊かれます。 そこで今回は、薬情報コンサルタントが選ぶ風邪薬についてお話しします。 ≫続きを読む
注射

健康知識

インフルエンザワクチンの効果は?効かない?打たないほうがいい?

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   インフルエンザについては、毎年、話題にのぼりますよね。 インフルエンザの話題になる時に、一緒になって出てくる関心事が、 「そもそもインフルエンザワクチンを打つ意味があるのだろうか?」ということ。   お医者さんであるHさんとの間で、インフルエンザワクチンについて、 ちょっとした話題となりましたので、その時の話をお伝えします。 ≫続きを読む
危険ドラッグ

健康知識

危険ドラッグは何が危険なのか

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   危険ドラッグは危険であるという認識を持っている方は多いはずです。 その一方で、「危険ドラッグの何が危険といわれているのか?」 については理解されていないこともあるかと思います。 ≫続きを読む
4e35aca54f9bd6c77a3e8dfe038a1425_m

生活習慣病の解決策は薬?それとも食事や運動?

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   「健康診断の結果、生活習慣病と診断され、薬を処方され不安になった」という経験はありますか? 今回は「生活習慣病で薬を処方されたとき、どう考えればよいか」 についてお話してみたいと思います。 ≫続きを読む
薬を飲む女性

痛み止め

痛み止めの薬は飲み過ぎると効かない?

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   「痛み止めの薬は飲み過ぎると効かない」と訊いたことはありますか? 今回は、痛み止めの薬は本当に飲み過ぎると効かないのかについてお話ししたいと思います。 ≫続きを読む
かゆみ止め

かゆみ止めの薬を塗るとかゆみが出る?!

こんにちは。 薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。   今回は、インターネット上の「突っ込まずにはいられないつぶやき」 なる記事で見つけた気になる内容を取り上げたいと思います。 ≫続きを読む

日日是薬日

2017/04/12 00:34

【日日是薬日070】 帯状疱疹をやらかしました。 皮膚科で診てもらったのですが、そのときに先生から渡されたのがこの冊子です。 このような患者さん向けの病気や治療の説明用資料は、多くの場合、製薬会社、しかも、その分野の薬を出している先発メーカーが作っています。 で、この資料、どこが作ってるのかなーと思ったら…なんと、沢井製薬でした! 今やジェネリックメーカーも患者さん向け資材を作るんだ!と驚きました。 逆に言えば、患者さん向けの説明用資料が必要となるような病気の薬も、結構なシェアでジェネリックが使われる時代なんですね。 あ、もちろん、処方された帯状疱疹の薬(抗ウイルス薬、バラシクロビル)も沢井製薬のジェネリックでしたよ。 #さんぽうよし #薬 #ジェネリック #沢井製薬 #バラシクロビル #帯状疱疹 #患者向け説明資材

2017/03/20 10:01

【日日是薬日069】 アネトンせき止めZ液(タケダ)を買ったつもりでしたが、家に帰ってよく見たらアナロンせき止めシロップ(小林薬品工業)でした。 確かに「パッケージ、赤買ったはずだけど…?」とは一瞬だけ思ったのですが。 体調が悪いときには思考力も落ちますね(^^; 名前はソックリなのに、ソックリ製品ではなく、成分は微妙に違うのも驚きです。 ジヒドロコデイン(またはコデイン)と、エフェドリンの2種の成分が入っていれば良いので、銘柄にはこだわりません(負け惜しみじゃないよ)。 咳止めだけは液体派なんです(^^) 1人1回1本迄しか販売しないし、店によっては空箱展示(レジで商品を渡す)にしたり、安全対策を感じます。 #さんぽうよし #薬 #せき止め #咳止め #アナロン #アネトン #OTC #市販薬 #エフェドリン #コデイン

2017/03/08 00:30

【日日是薬日068】 抗生物質セフジニルの沢井製薬のジェネリックです。先発品は、昨日067でご紹介したアステラス(旧藤沢薬品)のセフゾンカプセルです。 セフゾンに錠剤はなく、カプセル(と細粒小児用)のみなので、ジェネリックで錠剤がある、というのは選択の幅が広がりますね。 しっかし…ソックリさんのゾロ品ではない、ジェネリックだ、とは言っても、先発品のセフゾンのイメージで錠剤もピンク色なんだーと、妙なところにツボっています(^^; #さんぽうよし #薬 #抗生物質 #処方箋が必要 #処方薬 #沢井 #ジェネリック #セフジニル

2017/03/07 12:16

【日日是薬日067】 アステラス(旧藤沢薬品)のセフゾンカプセル。ピンクの小さなカプセルです。 カプセルの識別記号(fを◻︎で囲んでるやつ)に藤沢薬品の面影が残っています。 今のPTP(薬の包装)って、薬の名前や100mgとかの規格、メーカー名だけでなく、「抗生物質」まで書いてるんですね。 しかもこのPTP、普通と天地を逆に、耳(名前が書いてある端の部分)を下にする事で、上から使っても最後まで名前が残る様に工夫されています。 セフゾン(成分:セフジニル)は第三世代セフェムに属する、セフェム系と言われる分類の抗生物質です。1991年に発売された、日本が抗生物質を開発して発売しまくった時代の薬です。 経口の第三世代セフェムは、腸管での吸収率が悪い、グラム陽性菌への効果が弱いなどいろいろありますが、それでもよく見る薬です。 抗生物質の時代を象徴する薬だなって思います。 #さんぽうよし #薬 #抗生物質 #抗菌薬 #セフゾン #セフジニル #アステラス #藤沢薬品 #医療用医薬品

2017/03/04 16:51

【日日是薬日066】 薬ではないのですが、ある意味で私にとっての常備薬のようなものです。 割とよく、ラムネを持ち歩いています。 頭を使いすぎてぼーっとしたときや眠い時、血糖値が下がってめまいや震えがきたとき、お酒を飲んだ翌朝など、コレが欠かせません。 2-3粒舐めていると、頭がしゃっきりすっきりしてきます。 なぜかと言うと、このラムネの主成分はブドウ糖、しかも含有率約90%。 なぜブドウ糖良いのか?といえば、ブドウ糖は、脳のエネルギー源です。 しかも、ブドウ糖は吸収が早く、さらに、ブドウ糖として接取しているので、消化の 必要がありません。 (炭水化物はやお砂糖(ショ糖など)は、ブドウ糖や果糖が繋がった糖の鎖を、消化 してそれぞれの糖に切断しなければなりません。果糖などはさらに構造をちょっと変 えてブドウ糖にしないと、脳のエネルギー源になりません) ただ、ブドウ糖の塊を食べている状態ですので、食べ過ぎは禁物ですけどね。 お正月、ラムネを取り出した私に対し、姪達が「パパもよくラムネ食べてるよ!」と 言われたときはびっくりしました。 情報交換したこともないのに、兄ちゃんもラムネ常備してるんだ。。。と。恐るべし DNA。 #さんぽうよし #ラムネ #森永 #眠気覚まし #ブドウ糖

2017/02/07 10:10

【日日是薬日番外編】 全ての人が、薬と「いい関係」でいられることを願って、本を書きました。 お医者さんにもらった薬がわかる本 その薬、ジェネリックでいいですか? http://www.amazon.co.jp/dp/4799320432/

2016/10/09 23:18

【日日是薬日065】 睡眠改善薬のドリエルです。一時的な不眠に、と言いますが、病院で処方される睡眠薬・眠剤(睡眠導入剤)と呼ばれる薬とは、全くの別物です。 何しろ成分は、前回のレスタミンと全く同じ「ジフェンヒドラミン」ですから。 抗アレルギー剤の副作用である「眠気」を逆手にとって、眠るための薬にしてしまったのが、このドリエルです。 …レスタミンコーワ5錠が、ドリエル1回分と同じ量になりますが…お値段、だいぶ違いますね(^^;; #ジフェンヒドラミン #OTC #坑ヒスタミン剤 #ドリエル #睡眠改善薬 #さんぽうよし #薬 #睡眠 #副作用

2016/10/05 15:06

【日日是薬日064】 レスタミンコーワ糖衣錠。ジフェンヒドラミンという古ーい(第1世代)抗ヒスタミン剤です。 アレルギーの薬で、鼻炎や蕁麻疹の薬です。安くて効果が強いですが、欠点は眠くなる事。 その後、眠くならずに効果の強い薬が開発されていきました。 眠くなる事を除けば効果の高い、良い薬なんです。しかも安い!120錠で800円くらい、1回3錠で20円くらいです。 アレグラなど、眠気が改善した(だけと効果はちょっと落ちる)抗アレルギー剤が効かないときに、試してみる価値があります。 ただし、これを飲んだら車の運転などはしないでくださいね。眠くなっちゃいますから。 #さんぽうよし #薬 #OTC #ジフェンヒドラミン #興和 #坑ヒスタミン剤 #アレルギー

2016/08/01 04:58

【日日是薬日063】 私の常備薬、その2。大日本住友製薬のガスモチンです。 胃や腸(消化管)の動きを良くする薬です。胃の動きが悪くなっていることによる胸やけや吐き気・嘔吐に効きます。 抗うつ薬の副作用を抑えるために大量処方されたのが飲み始めたきっかけです。 抗うつ薬を飲まなくなって何年も経ちますが、後遺症のように身体が弱ると胃がストライキを起こすかのように動かなくなることがあり、今でも時々お世話になります。 そういえばこの薬、大日本製薬(現在の大日本住友製薬)が発売した当初、よく「P(大日本製薬のマーク)の218と刻印された薬は何という薬ですか?」という問合せを受けました。 安全性の高い慢性胃炎の症状に対する薬ということで、高齢者にも使いやすかった=一包化でもよく出され、発売からすぐで識別コード辞典などにも載っていなかった、 ということだったんだろうなぁと思います。 そういえば当時、大日本製薬の薬の識別コードは、製品名でア行から始まる薬は100番台、カ行は200番台・・・となっている、と教わりました。 今や錠剤に製品名が印刷された薬も登場している時代。 一方で、メーカーの合併で社名が変わっても、薬に刻印された識別コードには、旧会社のロゴが残っていることも多いです。 変えない理由としては、変更することの手間や経費の問題だけでなく、患者さんが直接目にするものはたとえ刻印でも変わると患者さんが不安になるから、という事情もあるそうです。 錠剤の識別コード1つにも、いろいろな想いや考えが込められているんだなーと、改めて錠剤を眺めています。 #さんぽうよし #薬 #処方箋医薬品 #病院の薬 #ガスモチン #モサプリド #大日本製薬 #大日本住友製薬 #識別コード

2016/07/25 09:48

【日日是薬日062】 2010年の夏から、疲れたり体力が落ちたりすると、蕁麻疹に悩まされています。 最初は「なんか悪いもん食べたかなぁ」と不安になりました。 蕁麻疹って、食べ物で起きることが多そうな気がしていますが、実は7割は原因不明だそうです。 当時かかっていた診療所の先生(たまたま受診日だった)に蕁麻疹のことを訴えたところそう言われ、 「とりあえず薬出しとくから飲んどいて」 「原因がわからない以上、対症療法しかないし」 「これからも起きるかもしれないから、起きたらすぐに薬を飲んでね」 とアレグラを60錠!処方されました。 それ以来、ほぼ常備薬化しているのがこのアレグラです。 抗アレルギー薬は「眠くなる」というのが悩みだったのですが、アレグラ発売のときは「とにかく眠くなりません!」ということで、画期的な薬でした。 ハクション大魔王を使った派手な広告展開など、今でも覚えています。 それがいつの間にやらジェネリックが出るくらい時間が経ち、更にはOTC(処方箋がなくても薬局で買える薬)になるとは・・・時が経つ早さを感じます。 #さんぽうよし #薬 #処方箋医薬品 #アレグラ #処方薬 #病院の薬 #サノフィ

2016/05/18 06:39

【日日是薬日061】 オバケのQ太郎の1巻を見ていたら、こんなコマがありました。 「強力ベルベ」はアンプル型の滋養強壮剤のようです。 (「ペルペ」になってるのが微妙に可笑しい(笑)っていうか、「ベルベ」と読んで疑わなかった(^^;;) 藤田まことさんが「効いてきた、効いてきた」っていうコマーシャルしてたそうで、当時、漫画に描かれるほどの知名度だったんですね。 アンプル型にする事で、注射のような速効性や効果をイメージさせていました。 当時のドリンク剤はアンプルをヤスリで折り切って飲むのがトレンドだったそうです。 当時はアンプル型風邪薬が禁止される直前。 アンプル型風邪薬は、アンプル型だったからというよりピリン系風邪薬が水溶液になっていたため、ショックが多発し、中止となりました。 今はアンプル型の内服薬はないのかーと思いきや、ごくわずかですが、存在しているようです。 実はどんなに調べてもベルベは風邪薬なのかドリンク剤なのかわかりませんでした。 既に製品も製造元もなくなっていますし、当時は家庭に録画装置もないのでコマーシャルもネット上になく、現在の薬機法的にどうなのよっていうこともあるのか、成分すら出てきません。 高度経済成長時代から今まで、薬は安全確保と過大広告規制の歴史を歩んできたんだなーと思いました。 #さんぽうよし #薬 #ドリンク剤 #ベルベ #マンガ

2016/05/08 03:58

【日日是薬日060】 現役で動いているサトちゃんムーバー発見! 50円入れると動きます。 サトちゃんムーバーも、いくつか世代があるそうです。この子、何代目なんだろう? それとは別に、一度でいいので現役の「サトコちゃんムーバー」ご見てみたいものです。 #さんぽうよし #薬 #佐藤製薬 #サトちゃん #サトちゃんムーバー #販促品 #キャラクターグッズ

2016/03/04 23:24

【日日是薬日059】 花粉症の季節ですね。花粉症グッズのこのスプレー、花粉の吸着を防ぐ効果があるそうですが、何でできてるんでしょうね。 「反イオン技術」で花粉吸着防止剤に関する特許を取っているそうですが…何が入っていて、どういうしくみなのか、調べてみたけどわかりませんでした。 因みにこれ、雑貨です。医薬品ではございません。日焼け止めの様な成分表示義務があって、薬機法(旧薬事法)の区分である「化粧品」ですらないんです。 薬だから効く・薬じゃないから効かない、ではなく、「薬じゃないなら、使いたい人が使えばいい」と思っています。 #さんぽうよし #薬 #資生堂 #花粉症 #吸着防止

2016/02/12 05:17

【日日是薬日058】 ツムラが明治時代から販売し続けている中将湯。 子供の頃は、バスクリンのツムラの薬ですし、薬湯の様な入浴剤だと勝手に思っていましたが(←おぃ)、大人になって内服薬だと知りました。 血の道症や更年期障害、月経痛と言った、女性の不調に対する漢方です。 尤も、バスクリンの前身は中将湯の入浴剤バージョンだそうなので、それほど間違ったイメージではなさそうです。 バスクリンももうツムラの製品ではないんですけどね。 #さんぽうよし #薬 #ツムラ #バスクリン #中将湯 #OTC

2016/02/09 04:57

【日日是薬日057】 旭化成がその昔販売していたうま味調味料「旭味」の昭和な看板です。 成分はグルタミン酸ナトリウム。味の素の後発品です。 薬じゃないじゃん!と思いますが、限りなく化学薬品に近そうなので紹介しちゃいました。 うま味調味料とか人工甘味料とか、この辺の食品と薬は、かなり近いところにあるような気がします。 化学薬品系じゃなくても、実はスパイスって、かなり薬草系ですよね。 #さんぽうよし #薬 #旭味 #旭化成 #化学調味料 #うま味調味料 #レトロ看板 #グルタミン酸

2016/02/03 00:28

【日日是薬日056】 新宿駅西口の一角をアボットが占めていました。 東京マラソンがアボットワールドマラソンメジャーズ最終戦だからか、と気づくまで、ややしばらく時間がかかりました。 アボットと言ったら、ホクナリンテープの製販元のアメリカ系製薬企業!という認識でしたが、昨年、医薬品のほとんどを切り離してたんですね。 ホクナリンって、北陸製薬(後にアボットに統合)が開発したβ2アドレナリン受容体刺激薬だからホクナリン、何だそうで。 北陸製薬のホクナリンって、ベタベタな名前だなーって思いますが、薬関係、結構コレ系の名前が多いです。小野(薬品)のオノンとか。 アボットも昔、大日本製薬とアボットの合弁でダイナボットなる会社を作ってましたし。 そう思うと、ビックロが普通の名前に思えてきました。 #さんぽうよし #薬 #アボット #ホクナリン #北陸製薬 #ワールドマラソンメジャーズ #アボットワールドマラソンメジャーズ #製薬会社

2016/01/29 04:05

【日日是薬日055】 ピロリ菌を除菌する薬「ランサップ」です。2000年の終わりにランサップが発売されたとき、大学時代の 「防御因子製剤がこんなに売れているのは日本の恥だ!」 「胃潰瘍は外科ではなく内科で治すものだ!」 「ストレスで胃潰瘍になるのではない。ピロリ菌だ!」 と熱く語っていた胃潰瘍の権威である浅香先生の講義を思い出し、日本も防御因子製剤(胃酸を一時的に中和したり一次的に胃壁を保護する薬)の時代から、胃酸分泌を抑える薬の時代、更にはピロリ除菌の時代に入ったのだと、時代の変遷に立ち会った実感と感慨がありました。 胃潰瘍を起こすらせん状の細菌が胃にいる、ということは1800年代に発見されましたが、強酸性の胃の中で細菌が存在できるわけないだろう!等々の紆余曲折を経て、1982年に培養に成功し、らせん状の細菌は「ヘリコバクター・ピロリ」と名付けられました。ヘリコはヘリコプターと同じく「らせん状」を意味する「ヘリコイド(helicoid)」からきています。 私が薬学生~薬剤師になった頃は、どの組み合わせが効果的に除菌できるかについて種々の報告があり、H2ブロッカーでも検討されていました。 しかし今や、ピロリも耐性菌の問題が出ている程になりました。自分も歳をとるはずです(^^; #薬 #さんぽうよし #ランサップ #ピロリ菌 #タケダ #処方薬 #医療用医薬品 #薬の歴史 #病院の薬

2016/01/24 23:33

【日日是薬日054】 昭和な雰囲気がウリの居酒屋で見つけた看板です。 「サンスターの歯磨き粉の看板に、なぜシオノギ?」と思いましたが、戦後すぐから20年くらいの間、提携してたんですね。 モノクロでも映えるようにって、ペンギンをキャラクターにしたそうです。 #さんぽうよし #薬粧品 #ポスター #サンスター #シオノギ #昭和レトロ #歯磨キ粉 #販促品

2016/01/20 08:18

【日日是薬日053】 15年以上前から愛用している書見台。協和発酵(現在の協和発酵キリン)の販促品で、コニールコアラのプリントがされています。 軽くて真っ平らになるので持ち運びやすく、机がある所での練習では、譜面台の代わりにしています。 コレ、あまりに便利でもう1つ欲しいのですが、売っている所を見たことがありません。コニールコアラが書いてなくても良いですし、薬のノベルティじゃなくていいので、入手できないかなぁ…。#さんぽうよし #薬 #販促品 #ノベルティ #コニール #コアラ #協和発酵 #協和発酵キリン #書見台 #ブックスタンド

2015/12/31 06:17

【日日是薬日052】 先日、静岡のお店で見かけたポスター。 「検診を受けると金券1,000円プレゼント」!? 自然食とかカラオケはともかく、健康診断を受けて焼肉屋(でも使える)の金券をゲット!? 健康診断の受診率アップの政策だと思うのですが、こういう取り組みって、あちこちでやってるものなのかな? 健康診断行くと、焼肉屋とかカラオケの割引券もらえるんだーというのが衝撃的でした。 #さんぽうよし #健康診断 #ポスター #雄大グループ