朝日新聞デジタル様でご紹介いただいていました!

こんにちは。
薬情報コンサルタントの関口詩乃です。

 

4か月以上前の記事で恐縮なのですが。。。

朝日新聞デジタル様でご紹介いただいていました!

時間の濃淡(1日中考えているときから、CMや薬局を見たときの数分まで)はあれど、1年365日、毎日何かしら薬の情報を入手し、薬のことを考えている私にとって、薬は「非常に身近なもの」です。

だけど、他の人はそうじゃないんだよな、
とか、
薬の情報ってありすぎて困ってるんだと思っていたけど、そうじゃなくて、そもそも薬には不安がつきまとうんだよな、
とか、
調子が悪い時に必要になって判断しなきゃいけないからこそ問題なんだよな、
とか、

そんなことに気づき、

「薬の不安を少しでも解消できないか?」

と思ったことなど、この本を書いたきっかけを、改めて思い出しました。

 

暑くなると、熱中症の季節でもありますが、

虫刺されの季節であり、

夏風邪の季節でもあります。

さらに、暑い屋外と冷えた室内を行き来することで、体調を崩しやすくなります。

 

薬がクローズアップされるのは寒い季節が多いですが、人間、夏だから元気なわけでもないしなぁ。。。と、改めて記事を見ながら思った次第です。

******

メルマガ再開しました!
登録はこちらからお願いします。
今後の出没予定や薬とコミュニケーションな日常をお送りしています。

******

薬の疑問と不安を解消できる本を出版しました!
関口詩乃様HPバナー書籍販売-01

******

薬に関する疑問や質問を受け付けています。

日常生活やニュース等で薬情報コンサルタント関口詩乃の意見を聞いてみたい!方は、お問い合わせフォームよりお送りください。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*