薬情報コンサルタントはどうしている?風邪薬の選び方は?

風邪薬と体温計

こんにちは。

薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。

 

薬情報コンサルタント・薬剤師である私が、風邪をひいたと言うと、

「風邪をひいたときには、どの風邪薬を飲むんですか?」

と、よく訊かれます。

そこで今回は、薬情報コンサルタントが選ぶ風邪薬についてお話しします。

 

薬情報コンサルタントは風邪薬をどうしている?

 

薬情報コンサルタント・薬剤師である私が、風邪をひいたと言うと、

興味を持たれるのが、風邪薬をどうしているのか?ということ。

 

私は、風邪のひき始めのときに葛根湯を飲むことはありあますが、

症状にもよるし、必ず飲むわけでもありません。

1-3日、外出しないで済みそうなときには、温かくして寝ています。

 

風邪が長引いているときと、どうしても風邪の症状が辛いとき、

または、「どうしても明日は出かける必要がある」と言う場合は、

咳止めや抗アレルギー剤(←鼻水対策)など、

病院に行って、どうしても止めたい症状に対する薬を出してもらいます。

 

そう答えると、

「えっ? 市販の風邪薬は飲まないの?」

と訊かれます。

 

実は我が家・・・葛根湯以外の、「パブロン」等の市販の風邪薬(総合感冒薬)は置いてありません。

 

なんとなく調子が悪いかな、と思った時には無理をしないことにしているので、

そもそもあまり風邪をひかないのが第1の理由。

 

風邪をひくときには、前述の「なんとなく調子が悪いかな」を見落としているときなので、

「ひき始めの風邪」をほとんど経験せず、風邪をひくときには突然、かなりの症状が出ていることが第2の理由。

 

薬情報コンサルタントの風邪薬の選び方

 

風邪薬って、そもそも、症状を抑えるものであって、

抗生物質が細菌をやっつけるような、風邪を治すものではありません。

 

それについて、「だから風邪薬を飲んでも無駄だ」という人がいますが、

そりゃあなた、無理をしないで済む人のセリフです。

 

ゆっくり休めば良くなるのはわかっていますが、

その時間を取れない、仕事を休めないときに風邪薬を使います。

 

市販の総合感冒薬って、いろいろな成分が、ちょっとずつ入っています。

だから、「なんとなく風邪っぽいかな・・・? でも、今日は休めないんだよな」

というような、風邪のいろいろな症状が強くなる前、

「風邪のひき始め」の段階で症状を抑えるために飲むものです。

 

逆に、症状がひどくなってしまったら、その症状に特化した薬の方が効きます。

 

従って、あまり「ひき始めの風邪」を経験し、

そもそも無理をしないで済んでいる我が家には、総合感冒薬を置いていないのです。

 

そういえば・・・昔、会社員で休めなかった頃は、

家ではなく、「会社に」風邪薬を置いてありました。

 

薬は「何を飲むか」も大事ですが「どのタイミングで飲むか」も、効果に影響します。

何よりも、自分がどういう状態なのか、どのくらい休めるのか、

生活から薬を考えるって、薬と上手く付き合うためには必要だよね、と思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*