防水スプレーの使い方は大丈夫?屋内で使うと危険!

107103b

こんにちは。

薬情報コンサルタント・薬剤師の関口詩乃(せきぐちしの)です。

 

梅雨や冬のシーズンにお世話になるのが防水スプレーですね。

今回は、その防水スプレーについてお話しします。

防水スプレーの使い方は大丈夫?屋内で使うと危険!

 

先日、新しく買った靴に防水スプレーをかけようとベランダに出ところ、

夫から「ベランダじゃなくて、玄関でいいんじゃない?」

「少しドアを開けて換気すればいいんじゃないの?」と言われました。

 

これ、結構危険です。

玄関で扉を少しあけたくらいでは、換気が間に合いません。

 

防水スプレーは性質上、どうしても人体にはあまり吸い込みたくない成分を含んでいて、

しかも、換気が悪そうな場所で使われがちなんです。

 

どういうことか?と申しますと、

まず、防水・撥水効果のために、フッ素樹脂など、吸い込むと呼吸困難や咳を起こす成分が、

スプレーという細かい粒子(=吸い込みやすい)で含まれています。

更に、これらを溶かしてスプレーするための溶剤が、

頭痛やめまいなどの症状を起こすこともあります。

 

防水スプレーは、加えて、「いつ」使われるものか、という問題があります。

防水スプレーって、雨や雪の季節に使いますよね?

うららかな春の日差しが続いたら、防水、必要ないですよね?

 

例えばスキーウェア。

例えば、冬靴。

例えば梅雨時期のくつやかばん。

 

基本、「外に出たくない」「換気が不十分になりにくい」ときに使われがちなんです。

車の中や部屋の中、玄関など、換気が十分でないところで、使いたくなってしまうものなんです。

 

もっと言うなら、スキーウェアなど、着たまま、互いにスプレーしあったりしてしまいませんか?

あれ、室内はもちろん、屋外でも危険です。

顔に近いところで、わざわざスプレーしているようなものです。

 

防水スプレーの缶に「吸い込むと有害・必ず屋外で使用」と書いてあるのに守れないのは、

どこかで「そうは言っても、このくらい平気だろう」という、

自分に都合よく解釈したい、自分だけは大丈夫だという気持ちがあるからだと思います。

 

しかし、毎年、数十件の中毒報告がある、ということを頭に入れて、

「防水スプレーは屋外で、風下に向かって使う」

こと、守ってくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*