誰かは理解してくれる。絶対に。

こんにちは。

薬剤師コーチの関口詩乃です。

 

先日、11月11日はポッキーの日。

今年もポッキー祭りしました(笑)

ポッキー見ると、中学時代のB先生を思い出して「元気かなぁ」と思うのと、

「関口、お前のことを理解してくれる人は必ずいるから」

というB先生の言葉を思い出します。

 

B先生、社会科の先生だったのですが、

授業中、何かというと

「これがわかったらポッキー1本!」

とか言っちゃう先生でした。

 

ところで私、中学2年生の終わりに、担任のA先生から転校を勧められた経験があります。

直接の原因は「クラスメートの誰が何をしているか、私に報告してちょうだい」というA先生の依頼を私が手酷く断り、「協力できない生徒は要らない」ということだったのですが。。。

今、当時を振り返ると
「あぁ、生意気だったし、扱いにくい生徒だったろうなぁ」

と自分でも思います(^^;

 

結局、転校を勧めてしまうほど関係性が悪かったA先生は、結局3年間クラス担任で、

もちろん、A先生と仲良しの生徒の一群とは上手くいかず、

女子は群れるもの、という感覚が全く分からなかった(実は今現在も全くわからない)私は対人トラブルも相当引き起こし、

今思い出しても中学時代はハードモードで、

「今日は社会(の授業)があるから学校に行こう」

「今日は大安だから学校に行こう」

と毎日、一生懸命理由を探して学校に行っていました。

 

小さな中学校で、高校受験を控えていて、女子コミュニケーションができなくて、しかも担任と上手くいっていないというのは、いろいろな問題が日々起きるわけで。

 

そのたびに

「ポッキーやるから気にスンナ」

「よしっ!ここまでできたらポッキー1本!」

と、B先生に励まされ、陰に日向に助けていただきました。

 

そんな中、冒頭の

「関口、お前のことを理解してくれる人は必ずいるから」

は、毎回、呪文のように言ってくださった言葉です。

 

「オマエは人間関係をつくるのが下手だ。素早くは作れない。だからじっくり人と付き合える環境に行けばいいんだ」と。

 

「理解してくれる人は必ずいる」

 

高校・大学・社会人と自分の世界が広がるにつれ、この言葉は真実だったと実感しました。

自分に合う場所で、合う方法で生きればいいんだと思うんです。

 

だから、あなたが今、ひょっとして苦しい日を送っているなら、やっぱりこの言葉を伝えたいです。

 

「大丈夫。理解してくれる人は必ずいるよ」と。

 

あ、因みに。

ポッキー、在学中にもらったことは一度もないんですけどね(笑)

 

昔話をお読みいただき、ありがとうございます。

—————————————-
関口と会ってみたい、話してみたい方はコチラ
⇒お問い合わせ先:http://www.3poyoshi.jp/inquiry/
⇒サービスメニュー:http://www.3poyoshi.jp/company/
—————————————-
コーチ解体新書の関口詩乃の無料メルマガです。
ブログよりもちょっぴり辛口なこともときどき書いてます。
登録いただけると嬉しいです。
http://www.3poyoshi.jp/mail_magazine/
—————————————-

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*